661
今回はDQX記事をお休みして11月2日からサービス開始したスマホ用ゲーム
『ドラゴンクエストライバルズ』を触ってみた感想です。ティムとお試し対戦した動画もあります
私は魔法使いが好きなのでゼシカメインです。『続きを読む』から

662
ティムの選んだキャラクターはアリーナ
せっかくなので、かるーく基本的な部分のルール解説みたいなものも書いてみよう

663
これが対戦画面。左側は私のリーダーゼシカとユニット置き場6マス
下の4枚のカードはデッキから引いて手札に来たカードでここからユニット選んで場に出して戦う
右はティムのアリーナ。右上の4枚はティムの手札、対戦相手の手札は当然見えない

664
リーダーのHPは共通して25。相手リーダーのHPをゼロにすれば勝利
MPは手札からカードを出す時に消費する。MP1/1というのは現在MP / 最大MP
最初のターンではMP1だけど毎ターン開始時にMAXMPが1増えるのに加えて全快する
2ターン目開始時では2/2、3ターン目開始時で3/3。

670
ユニットカードの見かた。リーダーとは別にそれぞれのユニットにもHPが設定されている
1ターン目開始時はMP1しかない、このコスト1のカードなら初手で出すことが可能
2ターン目ならMP2になるのでコスト1を2枚、もしくはコスト2のカード1枚まで場に出せるようになる
ユニットのHPがゼロになったらそのユニットカードはその戦闘中、消滅する

いきなり高コストのカードを場に出したり使うことは出来ない、切り札が出てくるのは後半になる
現在もっとも攻撃力の高いMPコスト10の大魔王ゾーマを出すためには
最低でも10ターン目開始時の最大MP10になるまで待つ必要が出てくる
強いレアカードだけ大量に組んだデッキなら勝てるというわけではない

665
場に出したそのターンでは攻撃できない、ユニットが攻撃可能になるのは場に出した次のターン
画像のユニットは召還時の能力があって例外。
それ以外の基本的ルール
・デッキは30枚。最初のターンに4枚手札に引いてそれ以降はターン開始時に1枚デッキからカードを引く
・ユニット同士での戦いはお互いの攻撃力数字の分だけHPが減る
 例:攻撃力1のAがHP1のBに攻撃した場合倒せるがBの攻撃力の数字分だけAユニットのHPにもダメージ
・遊○王と違って場にユニットがいてもリーダーにダイレクト攻撃可能
 ただし上、中、下段すべてにユニットが1体以上召喚されている場合は壁成立、
 ウォール状態となり直接リーダーを狙うことは不可能になる(呪文や特殊攻撃は除く)

あとはお互いターンを繰り返し、場に出したユニットや手札から直接使う特技、武器カードを駆使して戦う


ティムとほぼ初期デッキ同士で戦った記念動画はこちら!(2戦撮りました)


お互い初心者なので長考が多く、15秒以上長考したシーンは編集で短くしてあります

666
私の切り札はコレ。マリベルのカード。攻撃力やHPはそんなに高くないが召喚時の特殊能力がある
特殊効果はマリベルを出したターンは次に使う呪文(特技)カードのMPコストを大幅に減らすことが出来る
強力範囲呪文イオナズンのカードも手札にあったため、これを同時に使う計画だった

動画で4分40秒のシーン。5ターン目に召喚コスト5のマリベルを引いたので丁度最大MPも5
出すことも出来たけどこっちのリーダーのHPは12、
相手の場のユニットが総攻撃してきても1ターン耐えられることから
ここは場にユニットを増やしておいてイオナズン後に総攻撃の手数を増やそうと思ったのが運の尽き

667
ちからの指輪とはやてのリングでユニット1体の攻撃力アップ+2回攻撃という
速攻効果のある特殊カードコンボで一気にリーダーのHP13も削られ
次のマリベル+イオナズンコンボを決める前にリーダーであるゼシカのHPをゼロにされてしまった・・・
負けた。不覚((;゚Д゚))

668
動画での2戦目。お互いデッキ内容は秘密にして戦っていたため
ティムが最高レアリティであるレジェンドレアカードの1つ、わたぼうを召喚した時は驚いた
このカードは強くはないけど、毎ターン1枚余分にデッキからカードを引ける能力があるため
強力なキーカード、切り札を早めに手元に持ってくることが出来る万能カード
・・・だったものの私のセクシービーム(相手ユニットの攻撃力2以下を1体奪う)が決まった
わたぼう効果発揮する前に退場。このシーンは自信満々に繰り出したティムにとってショックだったw

669
その後、1戦目では不発となった私の切り札マリベル召喚に成功
ティムの場に攻撃力の高いキラーアーマーが出ていたため、
マリベル能力でゼロコストによるメラゾーマで対処。その後、勝利となった(*´∨`*)

実はマリベル以外にもう1枚、私には奥の手レジェンドレアカードを持っているのだけど
それはチムメンでもう1人お試しプレイ中のホネミさんと勝負するまで内緒にしておこう( ̄∇ ̄)



と、軽く触ってみたライバルズ
将棋やチェスのように盤面のあらゆるパターンを考えながら戦うのは面白いと感じた。
こちらのリーダーが瀕死で相手リーダーがHP25のままでも逆転することもあるしされることもあった
デッキから引いたカードが思わぬ逆転劇を見せることも多い
ver4まで暇な時間あったらライバルズちょこっと続けてみようと思います